感想雑貨店フヒねむ

ねむくて仕方がない日々の記録を残せたらいいな、と思っています

【漫画感想】「EX-ARM エクスアーム」 8巻

EX-ARM エクスアーム 8 (ヤングジャンプコミックス)

かつて東京を破壊した「No.11」を含む3つのEX-ARMを巡り、組織同士の潰し合いと化した「EX-ARMオークション」…! アキラ達EX-ARM対策課が警護役を務める仁國社は何者かの仕掛けで“孤立"状態に。劣勢組織掃討、資金収奪の標的となり、潜伏に向かう仁國社を、謎の“覆面男"が急襲する…!! 決死の応戦で爆発に巻き込まれたアキラは、異質な空間で目覚める…。眼前には、オークションの謎の鍵を握る人物が──!!?

Amazon内容紹介より

8巻の帯のコメントは太田垣康男氏でした。またまた大物ですね。コメント自体は定型っぽい内容ではありましたが…。なんでしょうか、そういう大物へのコネクションのある編集の方が付いていたりするのでしょうかね。新巻ごとに帯が楽しみになる、という珍しい楽しみを見出しつつあります。大物かどうかも自分で判断がつかないような知らない方が登場したら触れられないし、どうしよう、とかいらない心配すらし始めています。


さて「EX-ARM」8巻です。7巻の感想から書いていた生身の身体であるはずのアル・ジャードさんが最強説、8巻でも補強されてしまいました。今回の戦いで勝てた理由を自身で色々と語ってくれましたが、それに対する読者の大半が感じたであろうツッコミを機械化目玉おやじのような見た目の主人公であるアキラ君がしてくれました。

他にもアル・ジャードさんには思うところが色々とあるのですが、「ヒトの可能性は無限-」とか言っておいて、アンドロイドのアルマさん最高!みたいな感じになっていた割にソーマ君のアルマさんに対する物言いを許す辺り、よくわからない人物だなあ、という印象ですね。登場したては完璧超人なのに、少し経ったらポンコツになってしまう、というルートは絶対に辿って欲しくないな、と思います。とは言え、最強に君臨し続けてしまうのもどうかと思いますけれどもね。


また7巻の感想では巻末に登場した人物が8巻で正体をあらわすのかな、と書いていましたが、特にそんなこともなく*1…ましてや、アキラ君のお兄ちゃんということでもありませんでした。重要そうな人物ではありますから、今後の展開次第ではその芽もまだまだあるのかな、とか思っていますけれどもね。それにしても、その正体不明なオークショニアの髑髏の仮面は中二病をこじらせてしまった感が溢れていて良いですね。ネットワークで通信しているだけの対話であるはずなのに、わざわざ物理的な仮面を被るのか、とか疑問はなくはないですけれども。もちろん、仮面を被るというモーションもバーチャルな世界のものである可能性は大いにありますがね。


ところで、ここのところ美波さんとアルマさんのバディ感のまったくない展開が続いていて寂しいです。8巻での展開によって、また長い期間2人の組み合わせは見ることができないのだなあ、と思うと余計に寂しくなりますね。前作「EX-VITA」とはパラレルワールドになっている設定なので、2人の関係性もVITAの時とは違って問題ないはずなのですけれども、そうは言っても基本的には似ている関係性なので、どうしてもバディっぽさを求めてしまうところがあります。あの少し「逮捕しちゃうぞ」にも通ずるところのある雰囲気、好きだったのですよね。


そんな訳で「EX-ARM」8巻はお話が盛り上がってきた、とわくわくする反面、美波さんとアルマさんのバディ展開は遠くなってしまったように感じられ少し寂しくなってしまいました。アルマさんが無事に早く美波さんの元へと戻ってきてくれることに期待です。そして、9巻の帯もどんな大物が登場するのか、楽しみですね。

*1:オークションの主催者だとアキラ君には名乗りましたが