感想雑貨店フヒねむ

ねむくて仕方がない日々の記録を残せたらいいな、と思っています

【読書感想】「紙幣の博物誌」

紙幣の博物誌 (ちくま新書)

素材価値のない紙幣が通貨として安定して流通するためには、強大な権力、絶大な信用、それを支える確固とした法制がなければならず、戦乱のない平和な社会であることが必要とされてきた。そして紙幣の歴史は宗教、言語を含む民族の文化、国の経済、法律などを反映する人類の生活史の縮図でもある。このような視点から現代世界の紙幣を語る。

Amazon内容紹介より

以前読んで感想も書いた「通貨の日本史」では紙幣についての記述がそれほど多くはなかったので、それの補足も兼ねることが出来るかな、と読んでみました。やはり、お金のことについて考えることが多い毎日でしたしね*1。お金について考えないでもよくなる時はきっと来ないのだろうなあ、来たら死ぬ時なのだろうなあ、とか思いながら読みました。


さて「紙幣の博物誌」です。結論から書くと、本書では「通貨の日本史」の補足にはなりませんでした。「博物誌」というタイトルの通り、世界の様々な紙幣について書かれている本なのですけれども、新書ですのでそれほどのボリュームはありませんし、カラーでないのはもちろんのこと画像自体がほとんどなく、書かれている内容的にもWikipediaと同程度かな、という印象でした。本書の初版が1996年ですから、当時であれば読む理由も楽しさも感じられたでしょうけれども、現在ともなると物足りなさの方が感じられるでしょう。

これでボリュームが大型の図鑑のようなものになり画像も豊富であれば、情報として古かったとしても読む理由にはなりそうな気がしますが、さすがにこれだけだと厳しいかな、と感じます。もちろん、古かったとしても情報として新書サイズにまとまっている事自体には意味がありますし、本書を出発点として調べ始める、というのはアリなのかもしれません。ただ、そうするにしても本書には参考文献の類もありませんので、辿りようもないのですよね…*2


それにしても1996年初版の本書を読んで改めてユーロ移行からは2017年現在、まだ20年も経っていないのだなあ、ということに気付きました。その間、大いに期待される時期があり、また既に危機を叫ばれる時期を迎えていたりと、誕生から間もない時間でずいぶんと環境や印象が変わってしまうものですね。同時期に一度も基本的なデザインが変わらない紙幣もありますし、一口に「お金」と言っても、「通貨」であったり「硬貨」や「紙幣」を指していたりすることも含めて、語られるべきことはたくさんあるなあ、と思いました。


ところで変化と言えば、先程も挙げたWikipediaなども1996年には存在していません。その内容が万能なものだとは決して思いませんけれども、当時に比べると圧倒的に物事が調べやすい時代になっているのは間違いないのだなあ、と今回、各国紙幣の項目などを読んでいて思いました。今となっては普通のことではありますけれども、自分で調べればある程度の百科事典的な内容と、大抵の場合は画像も「日本語で」読むことができる、というのは物凄いことですよね。それによって存在が危うくなってしまうものがあったとしても、それは仕方のないことなのかも知れません。


そんな訳で「紙幣の博物誌」は当初の目論見が外れてしまった読書となりました。色々と厳しいことを書いてしまいましたが、文字を読むことの楽しさ自体は感じられる本でした。そのこと自体を感じられない読書はかなり稀ではありますけれども。

*1:出来れば、手元には硬貨ではなくて紙幣が増えて欲しいですし…

*2:そもそも参考文献を付けるような内容ではない、というのはありますが

【漫画感想】「Levius/est」 4巻

Levius/est 4 (ヤングジャンプコミックス)

人体と機械を融合させた究極の格闘技──機関拳闘。その最高峰の大会「サザンスラム」で“帝王"オリバーと「王者戦」を戦うことになったレビウスは、調印式の場で驚くべき事実を知ることになる。大会の背後にうごめく陰謀を感じ取りながらも「それでも、僕は戦う」と宣言するレビウス。一方、Grade-3で本戦出場を決めたナタリアだったが、その初戦の相手は…!!?

Amazon内容紹介より

日本では珍しい左綴じ漫画であるLevius/estも無印Leviusの時代の3巻を超えて4巻突入ですね。以前から繰り返して書いていますが、この画と世界観のカッコ良さを併せ持った漫画はそれほどは多くないと思います。左綴じ漫画だから、という訳ではありませんけれども、テイストや画などを考えると世界的にかなり人気が出そうな気がします*1


さて「Levius/est」4巻です。4巻でも主要キャラクターの闘うシーンはありませんでしたね。完全にモブキャラクターと思える人物たちの拳闘シーンでも大迫力なので、まったく闘っていないイメージがありませんでしたが。主人公であるレビウス君の拳闘はまだまだ先になりそうですけれども、5巻ではナタリアさんがA.Jの弟であるバルテュス=J=ラングドン君との闘いが始まってしまいそうですね。この漫画におけるナタリアさんのキャラクターは立ち位置的に重要になってきた気がするので、死んでしまうことはないと思いますけれども…無事で済むことはなさそうです。個人的にはあまり悲惨なことにならないと良いなあ、と願っています。

またモブキャラクターと言えば、4巻での拳闘シーンの1つを演じたパピー=ナッツさんが、あくまでもモブキャラクターとしていい味を出し続けてくれたのが印象的でした。今回の「サザンスラム」の舞台からは早々に退場してしまいましたが、名のあるモブキャラクターとして5巻以降も登場して盛り上げて欲しいな、とか思いました。闘い終わって生きているキャラクターがあまりにも少ないので、こういうキャラクターは大切な気がしますね。そして出来れば「拳闘終了=どちらかの死」ではない方が嬉しいです。

そしてピエロ顔キャラクターであるアメジスト代表のDr.クラウン ジャック=プディングさんは相変わらずの悪役でしたね。最終的にはこの人が闘わないラスボス的なポジションになるのでしょうか。The 悪役という雰囲気をしっかりと醸し出してくれていて、良いですね。3巻の感想でも書いた通り、相変わらず登場するたびに幽遊白書に出てきた美しい魔闘家鈴木の人を連想してしまう訳ですが…*2


それにしても機関拳闘連盟の総帥であるピエール=ビスコッティさんはオシャレでカッコ良いですねえ。悪役、という訳ではないのですけれども、現代社会で言えばTV業界などにいそうな視聴率至上主義者みたいなイメージの人物と言えるでしょうか。これだけのオシャレおじさんを見たのは久しぶりな気がします。ピエールと言えばフランス語圏のようなビスコッティと言えばイタリア語圏のような…不思議に名前までオシャレに感じます。このキャラクターが闘うことは確実にないと思いますが*3、今後も定期的に重要な場面で登場して欲しいな、と思うお気に入りにキャラクターとなりました。

 


そんな訳で「Levius/est」4巻は3巻に引き続き、溜めの巻となりました。3巻よりも「溜め」という印象が薄かったのは主要キャラクターではないと言え、迫力ある拳闘シーンがあった点や次回への盛り上がりが前回よりも大きかったから、と言えるかもしれません。俄然、5巻が楽しみになってきました。ナタリアさんの活躍に期待です。

*1:実際にフランス語版なども出版されていますしね

*2:絵柄の関係でもっとカッコ良いです

*3:あったら漫画史上でも、かなり上位に入る衝撃度だと思います

【漫画感想】「ゴールデンカムイ」 11巻

ゴールデンカムイ 11 (ヤングジャンプコミックス)

反逆の情報将校・鶴見から逃れるため、杉元一行は、釧路へ向かう。一方、刺青人皮の噂を追って鶴見率いる第七師団は小樽へと。待っていたのは電光石火の稲妻強盗、艶めく毒婦・蝮のお銀。北の最強軍団vs最凶夫婦、稲妻強盗編収録! 毒も蝮も稲妻も、グツグツ煮込んだ和風闇鍋ウエスタン! 痺れるほどの感動を貴方へ贈る第11巻ッ!!!!!!!

Amazon内容紹介より

いつかはアニメ化するだろうと思っていましたけれども、思ったよりもその時期が早かった気がします。この漫画と同じスピード感でアニメにしたら特に初見の視聴者は付いて行くのがとても大変そうな気がしますが、どのような感じになるのでしょうか。楽しみではあります。そして、原作通りに描くのがアニメのすべてではありませんけれども、この漫画の挑戦をどこまで描くことが出来るのか、気になるところです。


さて「ゴールデンカムイ」11巻です。冒頭から大雪山系の美しい描写で始まり、死んだ鹿の肉に包まっている状態でヒグマに囲まれている杉元さんたち、そして白石さんのヒグマに見守られながら鹿からの誕生シーンと、再び大雪山系の固有種や現在ではレッドリスト入りしている動植物などを羅列しつつ*1、こちらも現在ではレッドリスト入りしているエゾナキウサギ*2をアシリパさんが罠で捕獲する、というまさにゴールデンカムイ!と言いたくなるような幕開けでした。やはりこのバランス感覚が大好きです。

またゴールデンカムイと言えば、次々と出現する変態さんたちでお馴染みですけれども、11巻でも新たな変態さんが登場しました。姉畑支遁*3さんです。ゴールデンカムイに登場する変態さんたちの中では、かなりストレートなタイプの変態さんですね。ストレート故に強烈な爪痕を残しつつありますけれども…。やはり王道は強いな、という印象があります。「さすがにモデルはいないよな…」とか思ってGoogle先生にお尋ねしたのですけれども、まさかの結果に。あくまで読者の推測の積み重ねではありますが、まあ間違いないのでしょう。だって、割と似てますものね。今後も野田サトル氏の生み出す変態さんから目が離せません。


それにしても11巻にして尾形さんをここまで掘り下げてくるとは…予想外でした。もう少し(ゴールデンカムイにしては)地味に消えていくキャラクターなのかと思っていましたけれども、かなり主力級の掘り下げ方ですね。このままラスト近くまで主力級で頑張ってくれるのか、それともそろそろ舞台を降りる時間が近付いているのか、好きなキャラクターだけに、いつヒンナ*4と言えるようになるのかも含めて気になるところです。これで12巻になって大活躍をし始めたら覚悟を決めようと思います。


ところでアシリパさんの杉元さんに対する想いは想像以上で、単なる憧れみたいな領域を超えているのかもしれないなあ、とか鶴の舞のシーンを読んで思いました。元々、憧れはあったのだと思いますけれども、生死を共にする長い旅の中で、そして少しずつアシリパさんも大人の女性になっていくことで、想いも変化してきているように感じられるシーンでした。そこで鶴の舞を踊ってしまうところが、まだまだ幼いアシリパさんだなあ、とも思いますけれども。


そんな訳で「ゴールデンカムイ」11巻は相変わらずのスピード感と変態性、そして北海道やアイヌの自然・文化・料理などについて思いを巡らしたくなるような漫画でした。アニメ化については不安に思う部分も少なからずありますけれども、やはり楽しみなところの方が大きいです。この漫画がどういうように料理されるのか、12巻とともに楽しみに待ちたいと思います。


アイヌ 鶴の舞

『ゴールデンカムイ』TVアニメ化決定!

*1:含む白石さん

*2:とても可愛いのに躊躇なくペッタンコにしてしまいました…

*3:あねはたしとん

*4:アイヌの人たちが食事に感謝する言葉